イラストの上達方法を考える

いつか漫画を描きたいと思い絵の練習真っただ中です。

そこでいくつも絵の練習方法考えているのですが、結局どれが効率よかったのか改めて振り返ってみたいと思います。

ただ、まだ絶賛経験値稼いでる段階なので、これが全てとは言えません。

スポンサーリンク

模写

王道ですね!
最初はこれが一番だと思います。
見たものをそのまま描くって難しいですよね。何回も書いてだんだん似てくると嬉しくなってきて成長も実感できます。

トレース

簡単にできます。

効果はどうだろうかな?って思うけど、模写をずっと続けた後にどうしても描けない箇所ってあると思うんです。(私がそうでした)
なので、そういった箇所を見ることに専念できるって意味ではかなり重要なんじゃ以下と思っています。

順番的に模写→トレス→ってループさせると良い感じだと思います。

デッサン

デッサンと言っても美術室で石膏像見ながら描いたりとかかたっ苦しいことではなくて、家に有るフィギュアをを描きだす練習です。

模写が2Dから2Dだとすると、デッサンは3Dから2Dにって意味合いでここでは使う事としましょうか。

実際この練習方法は上記二つより難易度が上がると思っています。
やればわかると思いますが、光とか影の影響。また見る位置をちょっと変えるだけで、見え方が変わってきてしまい、気づいたらタ視点画になってしまいます。

見て頭で整理して書き出すって工程が発生しているような気がします。

頭の中で想像したものを描く

自分の書きたい構図を頭の中で描いて書き出します。
最終的にはこれで描けるようにしたいのですが、無理です。
とりあえず絵を描き始めたころにやると挫折します「下手すぎセンスねぇ」って感じで。安心してください!殆どに人は最初そうだと思いますよ。

レベル1でバラモスなんて倒せねぇよ

なので、私は可能な限り脳内で構成したものを描きだして、無理だと思ったら似たような構図の絵を探して、修正していっています!

資料大事!

最後まで描く

よく言われるのが最後まで描き上げるってことです。

下手糞な絵は途中で心が折れて投げだしちゃう気持ちよくわかります。
次はうまく書くって言って辞めちゃうやつ。
これやると何が悪いのかと言うと、
苦手部分が克服できない。だから次に書いても同じところで躓く。以下ループ
苦手はその場で克服していかなくちゃ。掛けない部分があったら似た構図の資料探して、その部分だけトレスでも良いと思っている。
そしたら次に描くときは意外とかけたりするものです。

そして何より作品のストックが貯まらない。実績が貯まらないからモチベーションにも繋がらない。下手糞な絵だって一年後に描いた絵と比較して上達を実感することができます。

でもドラクエだって逃げ出したら、経験値入りませんよね。

便利機能は全部使う

これは私に実際にあった事なのですが、
ゼロベースでかけなきゃ意味が無い!と思ってしまう事です。無駄にプライドが高い人に有りがちですw
別にライブで描くわけじゃないのだから資料とか見まくったって問題ないし、クリスタの便利機能を使ったって良いんですよ。
特に反転は最近よく使います!早々おかしいところを見つけて修正していけば最後もそこまで崩れる事はなくなるからです。

なので、便利ツールはどんどん使っていきましょう。

最後に

最後にですが、何より大事なのは量と集中力だと思っています。
アニメ見ながらで書くとどうしても視線がアニメに言っちゃうので個人的には効果がかなり薄いと思っています。
また、ラジオなんかも言葉に集中しちゃうのでよくない気がしています。

同様にアニソンも歌詞が頭に入ってきて無理です。

残されたのはゲーム音楽とかケルト音楽をBGMとして使っています。それもかなり小さめの音で。これが私の一番集中できる環境です。

集中できる環境は人それぞれ違ってきますので、ぜひ自分に合った方法を見つけてください。

スポンサーリンク
モッピー!お金がたまるポイントサイト
ブログ村リンク


にほんブログ村 イラストブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする